頻尿 改善 方法

頻尿の改善方法を強化し、悩みを解消しましょう。
MENU

生理前に頻尿になる体質はどうしたらいいのか?

身体の構造上、女性の方が男性よりも頻尿に陥りがちです。

 

いつもは大丈夫なのに、生理前になるとトイレの回数が増え、
頻尿を疑ってしまう女性もたくさんいると思います。

 

ここでは、頻尿と生理の関係性について紹介していきます。

 

女性の頻尿の要因

女性の場合、排尿筋肉の弱体化、過活動膀胱、発汗量の低さ、冷え性、膀胱炎、
などが頻尿の要因として多いです。
さらに、ストレスが要因の「心因性頻尿」もあります。

 

膀胱炎は外からの大腸菌等が入り込んで、膀胱がそれに感染する事が要因で起きます。
そして女性は便秘になりやすい分、大腸菌が増加しやすく、
さらに男性よりも尿道が短い事もあり、排尿部位から菌が入りやすくなっています。

 

また、身体が小さく筋肉量も少ない分、身体が冷えやすく、発汗量も少なく、
膀胱にもたくさんの尿を蓄積させておくことが困難であるという性質があります。

 

そして、妊娠中は子宮が膨張して膀胱を押しますし、
出産に付随して排尿を制御している骨盤底筋が衰えやすく、
排尿関連の問題が起きやすいのです。

 

これらは女性の身体構造上、仕方がないと言えると思います。

 

生理前に頻尿になるというケース

生理前に頻尿に陥るのであれば「月経前症候群」を疑いましょう。

 

これは、月経前に起こる強烈な心と体の嫌な症状を指します。
症状には各々で差異があり、頻尿も含まれていて、かなり多種多様です。

 

また、生理前には強烈な症状に襲われますが、
そうでない時期にはほぼ何も起きないという特徴があります。

 

ですから、女性ホルモンのバランスの乱れが関係していると見て
まず相違ないのですが、生理前はそのホルモンバランスが狂い、
メンタル的なストレスや冷えなどに襲われ、頻尿に陥りやすくなると見られています。

 

そして生理前には、黄体ホルモンが増加するタイミングがありますが、
その際は骨盤底筋などが緩みやすくなり、失禁や頻尿が生じやすくなります。

 

生理前の頻尿防止策

やはりホルモンバランスを安定させる事が、生理前の頻尿防止策の基本です。
これは、月経前症候群の内のあらゆるものに効くとされています。

 

また、生理前は黄体ホルモンの働きによって、
身体が水分を蓄積しようとしますから、本来はむしろおしっこの量が減るものです。
ですから、ホルモンバランスを安定させてその状態を目指しましょう。

 

そのためには生活習慣を整え、ストレスを溜め込まないようにする事が最重要です。
可能な限り、穏やかな生活を送りましょう。

 

しかし、そういった生活を実現するのは現代人にはなかなか困難です。

 

ですから「身体を温めて体温を上げる」など、気軽な方法にも取り組みましょう。
冷えが改善されるだけでも、頻尿が良くなりますし、
月経前症候群も少なからず緩和されます。

 

体温を下げる要因になる食材や飲料を摂り過ぎないようにして、
可能ならば軽い運動に取り組むなどして、身体を芯から温めていきましょう。
中折れを対策

このページの先頭へ