頻尿 改善 方法

頻尿の改善方法を強化し、悩みを解消しましょう。
MENU

睡眠を妨害する夜間頻尿とは?

頻尿にもタイプがありまして、その内の一種に「夜間頻尿」というものがあります。

 

この頻尿で困っている方は実はたくさんいるのですが、
あまり重要視されていないように思えます。
しかし、確実に生活の質を落としているはずです。

 

夜間頻尿の事をきちんと把握し、考え方を変えていきましょう。

 

 

夜間頻尿とは何か?

睡眠中にトイレに向かいたくなって起きる、
というような事は誰でも体験した事があるはずです。

 

ですが、夜間頻尿の定義は、

 

「睡眠中に、排尿を行うために1度以上目覚める必要があるという状況が継続し、
それが原因で日々の生活が害されている状態」

 

とされています。

 

 

つまり「排尿の回数自体」ではなく「排尿のせいで生活に負荷が掛かっているか否か」を、
見極めるのが重要という事なので、間違えないようにしましょう。

 

一例として、多めに飲酒した日は夜中に何回もトイレに向かう事になるでしょうが、
これはその日限定ですから、夜間頻尿ではありません。

 

 

夜間頻尿が起こす問題

睡眠不足が夜間頻尿が引き起こすトラブルの最たるものです。
睡眠が足りないと、想像以上に生活の質が落ちてしまいますよね。

 

そして、それ以外のトラブルも起き得ます。

 

一例として、夜の暗い中、しかもきちんと目覚めていない状況で
トイレに向かうような頻度が増加すれば、ぶつかったり転んだりする可能性が
高くなってしまいます。

 

年齢層が上であればあるほど、骨折などの大きな被害に繋がり、
寝たきりになる危険性が上昇します。

 

 

夜間頻尿の要因

夜間頻尿の主な要因は老化です。
老化に伴い、腎臓が衰えたり、排尿関連の筋肉が弱くなったりするのです。

 

そして疾患の治療薬品が原因で、膀胱に蓄積できる尿の分量が減少して
夜間頻尿になる事もあります。
また、腎臓に限らず心臓が衰える事も夜間頻尿の要因の1つとして挙げられます。

 

さらに夜間頻尿が、神経因性膀胱、間質性膀胱炎、過活動膀胱、
前立腺肥大などを招く事もあります。

 

また、慢性的な水分の飲み過ぎも夜間頻尿に繋がります。

 

 

夜間頻尿の治療

要因によって治療手段が違います。
ですから、要因の特定が先決です。

 

そして、色々な要因が絡み合っている事が大半ですから、
優先順位を決めて、それぞれ解決していきます。

 

生活習慣の改善だけで良い事もあれば、薬の服用が必須な場合もあれば、
手術が必須となるケースもあります。

 

ちなみに、頻尿そのものはそれほど重くなく、睡眠に問題が潜んでいるケースもあり、
睡眠への指導が成される事もあります。

 

老化が要因なのであれば、ある程度許容してしまうかもしれませんが、
正しい対応を取れば、よほどお歳を召している方でなければ軽減が可能です。
デリケートゾーン におい

 

このページの先頭へ