頻尿の改善方法を強化しよう

頻尿の改善方法を強化し、悩みを解消しましょう。
MENU

頻尿の改善方法を強化

頻尿とはつまりトイレが近いこと、夜間頻尿では夜寝てからも何回かトイレに行く、
いきなり強い尿意を感じて、場合によっては我慢できないで失禁してしまう切迫性尿失禁などです。
以下にこれらの頻尿についての考察をしてみましょう。

 

■厄介な頻尿には過活動膀胱がある
過活動膀胱は、不意におしっこがしたくなる尿意切迫感や、
トイレが我慢できずに漏らしてしまう切迫性尿失禁などを引き起こします。

 

これは排尿の疾患ですが、原因は排尿筋が過剰に収縮してしまうからで、
膀胱の排尿筋は自分の意思でコントロールすることはできません。
したがってこのような場合は、収縮した排尿筋をリラックスさせることが重要です。

 

 

■前立腺肥大による頻尿は加齢とともに増える
前立腺は男性特有の臓器で、たとえば60歳の男性2人に1人は前立腺肥大が認められます。
また、前立腺肥大は加齢で増加することが証明されています。
前立腺が肥大化する原因は、男性ホルモンの影響とも言われています。

 

前立腺は膀胱の下に尿道を取り囲む位置にあり、肥大する、または筋肉が収縮すると、
尿が出にくくなり、その代表的な症状は排尿後もおしっこが残っている残尿感です。
また、おしっこが終わるまで時間がかかったり、尿に勢いがなく途切れたりもします。
このような時は専門医の診察を受けるようにしましょう。

 

 

■過活動膀胱の改善対策
過活動膀胱の改善には、膀胱訓練があり、膀胱を鍛えて尿を多く貯めるようにします。
やり方はトイレに行きたくなったら我慢することで、我慢をしていると膀胱が大きくなり、
トイレに行く回数が減ります。

 

ただし無理をしすぎることは程度問題ですし、
何らかの病気が頻尿の原因だと逆効果になるので注意が必要です。
もう一つは骨盤底筋体操で骨盤底筋の筋力をつけることです。

 

やり方は尿道や肛門を引き締めて、10秒止めてからゆっくり緩める動作を繰り返します。
この体操は骨盤が歪むのを防ぐ効果とホルモンバランスを正常に保つのにも効果的です。

 

頻尿のときに考えられる病気は?

様々にある頻尿の要因の1つに疾患があります。

 

前立腺肥大

前立腺肥大は、読んで字のごとく前立腺が大きくなってしまう症状であり、
高齢の男性に良く見受けられます。
大きくなった前立腺が膀胱に刺激を加える事が原因で、頻尿になります。

 

物理的に刺激を加えているわけですから、
時間帯や体調とはほぼ関係なく尿意を感じますし、
尿意が強いのに、速やかに排尿できない事もあります。

 

要因はまだ明確には分かっていませんが、
老化によるホルモンバランスの乱れが少なからず関連していると言われています。

 

軽いものであれば、サプリや薬品で軽減する事も可能ですが、
症状が重いケースでは、手術が欠かせなくなってしまいます。

 

高齢者がメインの疾患ですが、若年層でも起きないわけではないので、
何か異変があれば、病院で診てもらうべきです。

 

膀胱炎

頻尿の原因の中でもよく見受けられるものの1つに膀胱炎があります。
膀胱にウイルスが侵入する事が要因で、膀胱炎になってしまいます。
そして、血尿、残尿感、排尿痛、頻尿などの症状が出てきます。

 

本体、膀胱には菌への抵抗力があり、炎症が生じるような事はほとんど無いのですが、
疲れが溜まっているときなどは、抵抗力が下がりますから、
菌が拡がって膀胱炎が起きやすくなるのです。

 

そして身体の造りの問題で、女性の方が男性よりも
膀胱炎になりやすいという傾向があります。

 

また「尿意に耐えると膀胱炎になりやすい」という通説がありますが、
実際に膀胱の中の尿の分量が増加すれば、
膀胱に刺激を加える尿内の菌も増加するわけですから、間違った事は言っていません。

 

そして膀胱炎の要因の多くは、生活習慣の中に潜んでいますから、
トイレに行くことを億劫がったり、疲労を蓄積させたりしがちな方は気を付けましょう。

 

症状の重さによって、薬品で治すか自然に治すかを決めます。

 

急性前立腺炎

尿道の奥部に存在する前立腺に、菌が原因の炎症が生じてしまう症状の事を指して、
急性前立腺炎と呼びます。

 

症状自体は膀胱炎と似通っていて、残尿感、頻尿、排尿痛などに襲われますが、
急性前立腺炎の場合は熱が出やすいので、見分けるのは比較的容易です。

 

そして自然に治すのは困難ですから、医療機関にて薬物治療を施してもらう事になります。

 

急性ならば解消は可能ですが、慢性にまで悪化するとかなり治し辛くなるので、
可能な限り早めに見つけて、早めに治しましょう。
頻尿 改善する方法

更新履歴
このページの先頭へ